「嘘ついたら絶対ダメ!」というのは大人が子どもに教える理屈。けれど大人になれば、人間関係を円滑にするために時に小さな嘘を重ねることも。そんな大人の事情はわかりつつ、恋人にこんな理由で嘘をつかれていたらショック…と思うことをみなさんに聞いてみました。


 2位以下を引き離して1位になったのはやはり《他の異性との交流》。素直に話してくれていれば何でもないことでも、嘘をついたという時点で、何かしら下心があったのではと思いたくなるもの。もっとも、素直に話してくれても、自分が「異性との交流はノー!」という束縛タイプだとその時点で予定はキャンセルしてもらうことになるのですが。お互いにしょっちゅう嘘をつかないと成り立たない関係だとしたら、そもそも二人の相性があまりよくないのかもしれませんね。2位は《親・家庭環境》。世の中には育った環境や親でその人自身を判断する人も少なからずいるので、つい見栄を張ってしまう人も多いのでしょうが、付き合いが深くなってくると必ずほころびが出てきてしまいます。3位は《休日の予定》。「仕事」と聞いていたのに実は休みを取っていたことがわかったり、家にいると聞いていたのに、遠出していたり。こちらも、「嘘をつくからにはやましい理由があるに違いない」と思ってしまいますよね。

 男女間で女性がつく嘘を男性が見抜けないのに対して、その逆はすぐばれるとよく言われていますが、その理由は「女性は本能的に子育てというミッションを与えられているため、子育てに不可欠な直観力が優れているから」という説があるそうです。大人にとって嘘をつかずに日々を過ごすのは難しいことですが、せめて相手を傷つけないための優しい嘘だけにしたいですね。

調査方法:NTTドコモ「みんなの声」にて投票を実施
投票数:35181票
投票期間:2013/11/27〜12/10
※この結果は科学的な統計にもとづくものではありません