バラエティーやドキュメンタリー番組は各局とも重要なコンテンツと位置づけ、制作を競い合っている感がありますね。そこで今回みなさんに、あなたが見始めたら止まらなくなってしまうTV番組について聞いてみました。


 小さな子どもたちの挑戦番組《はじめてのおつかい》(5位)や大家族・林下家の波乱万丈の人生模様を描いた《痛快!ビッグダディ》(7位)など、定番の人気特番シリーズを抑えて、ちょっと意外な通好みの番組が上位に。1位に選ばれたのは、日本テレビ系《ザ!世界仰天ニュース》でした。世界各国で実際に起こった事件や事故等を、スタジオにいるMCやゲストがテレビ視聴者と同じ目線で見ていくスタイルが親近感を呼ぶ要因。MCの笑福亭鶴瓶・中居正広のやりとりも絶妙で、この先どんな結末になるのだろうという期待感を抱かせ、最後まで見続けてしまう人が多いのでしょう。奇妙な体の変調、脱獄、殺人などの犯罪といった題材が多いにもかかわらず、そこに関わる人間模様がドラマのように進展していく番組構成も秀逸ですね。

 ある意味大したネタでもなく、23時過ぎに始まる番組にも関わらず、ついダラダラと見てしまう《アメトーーク!》が2位にランク・イン。MCの宮迫博之・蛍原徹があまりでしゃばらず、共演のタレントを上手に遊ばせているこの番組は、「メガネ芸人」などの“くくりトーク”や芸人自身が企画を持ち込む“プレゼン大会”といった番組構成が魅力。とにかく、共演者が強い連帯感を持って楽しそうに番組を進める様子が好感を集めているのでしょうね。

調査方法:NTTドコモ「みんなの声」にて投票を実施
投票数:33421票
投票期間:2013/11/13〜11/26
※この結果は科学的な統計にもとづくものではありません