恋愛に関する悩みを友達などに打ち明け、相談することは誰しもあることですよね。誰かに話を聞いてもらうだけでもスッキリするという場合もありそうです。しかし、いざ自分が相談される身になってみると、心の中で「そんなことぐらい自分で何とかしてよ…」と呟きたくなることもあるはず。そんな「相談されても、正直自分で解決して欲しいと思ってしまう恋愛相談ランキング」の結果は?  男性のランキングの1位は《好きな人がいない》、 女性のランキングの1位は《自分がモテすぎて困る》と順位に差が出ましたが、どちらのランキングでもトップ3にランク・インしたのは、《自分がモテすぎて困る》《好きな人がいない》《好きな人を一人に決められない》の3つでした。
 総合トップとなったのが《自分がモテすぎて困る》。《モテすぎて困る》なんて「悩みじゃないよ!」と突っ込みたくもなります。ましてや、自分の恋愛がうまくいかず困っていたらなおさらです。もし、本当にモテすぎて困ってしまうことがあったとしても、単なる自慢としか受け取られない可能大です。また、実はよくありがちなのが《好きな人がいない》《出会いがない》といった悩み。実際に異性との出会いそのものがなくて好きな人もできないという場合もあれば、単に理想が高すぎて《好きな人がいない》だけという場合もありそうです。悩んでいるように見えて、実は《出会いがない》状況を肯定してもらいたいだけなんて人いますよね。
 女性のランキングで《彼氏が自分のことを好き過ぎる》が6位に入ったのに対し、男性のランキングでは《彼女が自分のことを好き過ぎる》は16位。また、女性のランキングで《彼氏のことを好き過ぎる》が4位、男性のランキングで《彼女のことを好き過ぎる》が8位と男女で差が出る結果となった項目も。女性の方が「好きすぎて…」という悩みにうんざりしているのかも。逆に男性のランキングで上位にランク・インしたのは《自分が浮気してしまったこと》や《昔の恋人を忘れられない》こと。浮気をした、忘れられない、といった恋愛の悩みは男性に多いのでしょうか。
 「それってのろけ話では?」という悩みは自分で解決して欲しくなりますが、相談する側にとっては単に話を聞いて欲しいだけということも多いかもしれません。そんな時は、「話を聞くだけだからね」と予め断ってから話を聞くようにしましょう。