日本には、 寄せ鍋湯豆腐すき焼きなど体があたたまる鍋料理がたくさんありますが、たまには趣向を変えて、世界の温かい料理をいただいてみるのはいかが? 「一度本場で食べてみたい、体があたたまる世界の料理ランキング」の1位は、スイス発祥の料理である《チーズフォンデュ》。その他、《ふかひれスープ》《ラザニア》《ボルシチ》など、家庭では少し手間や時間がかかる料理が上位にランク・インしました。
 《チーズフォンデュ》は、チーズ、白ワイン、コーンスターチを煮溶かしたものに、パンや野菜などを絡めて食べるのが一般的な、スイスを中心としたヨーロッパの郷土料理。日本ではパーティメニューなど特別なメニューというイメージが強いですが、ヨーロッパでは特別な料理ではなく、普通に家庭で食べられているそう。2位は中華料理でおなじみの《ふかひれスープ》。 世界三大スープの中の一つですが、世界三大スープといわれているスープは実は4つあり、《ふかひれスープ》《トムヤンクン》《ボルシチ》あるいは《ブイヤベース》と言われています。6位に入った《キムチ鍋》は、 「冬に食べたくなる鍋料理ランキング」で1位になるなど、日本の家庭でもおなじみの料理。もちろん本場は韓国で、熱くて辛い「キムチチゲ」は寒い冬にぴったりですよね。
 この冬は、「どこが本場?」と言いたくなるような 「カレー鍋」が流行っていますが、ランキング結果にみなさんが食べたい料理はありましたか?