2007年1月末に1億の大台を突破し、今もその数を伸ばし続けている携帯電話・PHSの契約台数 (電気通信事業者協会調べ)。これほどまでにモバイル端末が普及した日本ですが、まだまだ世間一般に定着していないサービスはいろいろと存在しそうです。そこで「まだ使ったことがないモバイルサービスランキング」を調査してみました。
 1位の《遠隔監視サービス》は、室内に設置した IPカメラなどを通じて、留守中の自宅の映像を携帯電話から見られるというもの。留守中の火災や侵入者の監視、ペットの様子を見るなど便利なサービスですが、設置や設定が面倒などのイメージがあるのかも。エンターテイメント系のサービスでは、《モバイルコミックの購読》と《モバイル小説の購読》が上位に入りました。モバイル小説は、2000年に発表された 『Deep Love』で注目を集め、最近では映画化されて大ヒットを記録した 『恋空』や、 『もしもキミが。』などのベストセラーも登場していますが、読者層の中心となっているのは若い世代で、年齢の高い世代にはあまり利用されていないようです。ニュースなどはモバイル端末でチェックを済ませ、じっくりと読む小説などは、やはり紙で読みたいという考えの人が多いようです。
 意外な結果となったのが、《モバイルブログ作成》と《モバイルSNS》の上位入り。米国のブログ検索サービス大手 「Technorati」が2007年4月に発表した調査結果によると、2006年第4四半期時点で世界のブログ全体に占める日本語の割合は実に37%にもなり、投稿数は英語を抜いて世界一なのだとか。そんなブログ大国の日本ですが、最近ではパソコン向けのホームページやブログでも携帯電話から閲覧や記事作成・編集ができるようになったためか、「わざわざモバイル端末向けのブログを作成したり、SNSに参加したりする不必要はない」と考える人が多いのかもしれませんね。