年末年始休みの海外旅行は料金も高めで比較的混雑していますが、少しタイミングをはずすだけで安くなるうえ、航空券やホテルの予約が取りやすくなります。今回は1月におすすめの都市をセレクトしてみました。正月休みがあけてからの海外旅行を計画してみませんか?

1. バンコク(タイ)
1月のバンコクは一年のうちでも過ごしやすい時期。雨も少なく、朝方や夜はかなり涼しく感じます。蒸し暑さもあまり気にならないので、屋外の観光も快適。

2. パリ(フランス)
2014年の冬のソルド(セール)は1月8日〜2月11日。ブランドをはしごしたいなら、有名デパートのセールがおすすめ。一カ所でいくつものブランドがチェックできます。

3. 上海(中国)
2014年の旧正月は1月31日(春節)。1月の半ばくらいから街中に春節の飾り付けがあふれ、とても賑やかに。縁起をかつぐグッズなども売り出されるのでおみやげにどうぞ。

 パリ、ロンドン、ローマなど大都市だけでなく、1月はヨーロッパ各地でセールが開催されていますから、ショッピング目当ての旅ならこの時期が狙い目。ヨーロッパでも南にある都市を選べば、ちょっとした避寒旅行にもなります。寒い時期だからこそ、フィンランドなど寒い地域を旅するのも醍醐味。なかでもオーロラは冬ならではの楽しみのひとつですね。また、寒い日本を脱出して夏気分を味わいたいというなら、各国のビーチリゾートや東南アジアがおすすめです。中国などアジア各地では1月下旬から旧正月(春節)で盛り上がるので、こちらも楽しみ。

作成:トルノス編集部