本気で戦い、時に涙し、大きな夢を与えてくれるスポーツ選手たち。日々、その活躍ぶりに感銘を受けている人もきっと多いはず。今回はそんな各界のスポーツ選手の中で、この2013年にみなさんが最も活躍したと思うのは誰か聞いてみました。


 誰もが「文句なし!」と納得するであろう1位は《田中将大(東北楽天ゴールデンイーグルス)》。今年は「単独シーズン連続勝利数24」を記録し、圧倒的なオーラを放っていた彼。その記録含め、「公式戦連続勝利数28(継続中)」、「連続勝利数30」の3つの記録がギネス世界記録にも認定されました。この偉業を称え、日本郵政グループから「田中将大 連勝記録記念フレーム切手セット」が販売されているのだとか。郵便局ウェブサイト内では今月末まで申し込みを受け付けているため、「マー君の輝きを手元に残しておきたい!」という方は、ぜひチェックしてみてはいかがでしょうか。2位には《上原浩治(ボストン・レッドソックス)》が選ばれています。テキサス・レンジャーズからボストン・レッドソックスに移籍して臨んだ今季。もともと日本では先発を続けていた彼ですが、大リーグでは中継ぎを経験。さらに今シーズン途中からは抑え投手として頭角を現し、日本人初の胴上げ投手を達成。無名の高校時代から厳しい浪人時代を乗り越え、大学で才能を開花させ、日本プロ野球界を経て大リーグへ…。その道の途中は怪我に悩まされるなど、決して順風満帆な日々ではなかったものの、彼を語る際によく形容される“雑草魂”が、私たちの心に大きな感動と勇気を与えてくれましたね。

 2人の活躍を筆頭に、今年は特に野球界が盛り上がった一年。2014年はソチ五輪、そしてワールドカップブラジル大会と、注目の一大スポーツイベントが目白押し。今から楽しみですね。

調査方法:NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション(株)提供の「NTTコム リサーチ」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
調査期間:2013 /10/31〜2013/11/1
有効回答者数:1,060名