中学生のころが恋愛に対して一番興味津々な時期とも言えそうですが、けなげな努力を続けてくじけそうな経験をした男性も多いのでは? そこで今回みなさんに、あなたが中学生の時、女子にモテると信じてやっていたことについて聞いてみました。


 サッカーや野球などの花形選手がモテるタイプのナンバーワンというのはどの世代にも共通して言えるところ。でもスポーツ万能な人は限られていることがわかっているため、次に目立つ「ちょっと悪そうに見えるタイプ」に近づこうと努力していたことがわかる《不良ファッション》が1位に選ばれました。本当は素直でよい子なのに、世間に反発するようなスタイルや反抗期絶頂の行いが「カッコイイ」と錯覚しがちなのが中学生の特徴。4位に入った《悪さ自慢》もそうですが、悪いだけではなく、不良っぽいけど勉強がすごくできたり、何かのときにすごく優しかったり、とギャップを持つ男子生徒がモテるということがだんだんとわかってくれば、そのようにふるまいたくなるのは自然な成り行き。ドラマの主人公キャラとしてよくありがちな、そういうタイプの男子生徒に心ときめく中学生女子は確かにたくさんいたような気もします。

 2位に入った《人気が高いスポーツ部に入る》や5位に入った《モテるヤツと友達になる》のように、注目を集めやすい集団にいればモテるかもしれないという他力本願的な行動や、下位にランク・インした「バンド」や「お笑い」など、学校内で意識して目立った行動をしていた人も多かったはず。3位にランク・インした《眉毛を整える》を筆頭に、何とも中学生らしくて、どれもほほ笑ましい光景に感じられますね。

調査方法:NTTドコモ「みんなの声」にて投票を実施
投票数:13911票
投票期間:2013/10/21〜11/3
※この結果は科学的な統計にもとづくものではありません