夢中になって応援してしまうお気に入りのアイドルは、何物にも代えがたい存在だったはず。そんなあなたが、せっかく応援していたのに思わずファンをやめたくなってしまうようなアイドルの挙動について聞いてみました。


 人間だけど、アイドルであるときは別世界の存在であってほしいと願うファン心理を持つ人にとっては、人気が出てくると「自分が一番偉い」と錯覚してしまうような人間臭さが一番嫌いだということがわかる《傲慢な態度をとる》が大差で1位に選ばれました。アイドルに限ったことではなく、謙虚であることは「人間ができている」という印象も与え、周りの人にも好かれやすいはず。傲慢さはアイドルにとっても絶対マイナスということですね。“押しメン”“箱押し”など、アイドルの応援の仕方を表現する言葉がはやりですが、その気持ちを逆なでするかのような《ファンに感謝をしない》が2位にランク・イン。今をときめく「ももいろクローバーZ」は熱狂的ファンを“モノノフ”と呼んで大切にし、メンバー自身がファンあっての「ももクロ」を実践するから、更にファンが拡大し大ブレーク中。アイドルにとってファンは特別な存在であるはずで、モノノフを公言して応援してくれる楽天・田中のようなファンの存在は、アイドル冥利に尽きると言えそうですね。

 「恋愛禁止」が暗黙の了解と囁かれているアイドルグループ「AKB48」が支持されていることの裏返し、《異性の影がちらつく》が3位に。やっぱりアイドルはファンにとって永遠の恋人であってほしい存在といえ、たとえ好きな異性がいたとしても、絶対公言してほしくないと思うファンは多いはずですね。

調査方法:NTTドコモ「みんなの声」にて投票を実施
投票数:32330票
投票期間:2013/10/15〜10/28
※この結果は科学的な統計にもとづくものではありません