ちょっと小腹がすいたとき、夜中に急に何かが必要になったとき、コンビニエンスストアは私たちの強い味方です。そんな便利なコンビニですが、今回はさらにどんなサービスがあったらうれしいか、みんなに選んでもらいました。


 1位に選ばれたのは《薬の販売》となりました。2009年の薬事法改正により、コンビニでも「登録販売者」を置くなどの条件を満たすことで医薬品を取り扱えるようになりましたが、現時点でそれを実現しているコンビニの数は決して多いとは言えません。しかし、病気は時と場所を選ばずに襲ってくるもの。夜中に体調が悪くなったときもし近くのコンビニで薬をゲットできるなら、どれほど便利でしょうか。2位は《住民票など申請・受取》となりました。既に、事前に「住基カード」さえ作成しておけば、近くのコンビニでの取得ができる自治体もあります。時間を選ぶ必要なく、しかも自治体によっては役所の窓口で申請するよりも安いといいことづくし。一度、自分が住む自治体のホームページで確認してみてはいかがでしょうか。4位は《携帯電話の充電サービス》。スマートフォンに機種変更してから、電池の減りの早さに嘆いている人も多いはず。「ガソリンスタンド」ならぬ、「携帯充電スタンド」がもっと街中にあふれてもよさそうです。

 すでに存在しているサービスから「あったら本当に便利になる」という回答まで、様々な意見がそろいました。利用者の利便性を追求してどんどん進化していくコンビニなので、今はまだないものでも、そのうち実現するかもしれませんね。

調査方法:NTTドコモ「みんなの声」にて投票を実施
投票数:10084票
投票期間:2013/10/14〜10/28
※この結果は科学的な統計にもとづくものではありません