年齢を重ねるうちに、若い頃とは全く違うタイプの男性に惹かれるようになった。そんなこと、ありませんか? そこで今回はみなさんに、若いころにはなかなか気付かない“不器用な男性”の良いところを聞いてみました。


 1位は《女性の好意に気付かず、鈍感(→浮気の心配が少ない)》。要領がよく女性慣れしている男性は、あの手この手を使って楽しませてくれる反面、いざ付き合うと「他の女性とも遊んでいるのでは…?」と不安になってしまいがち。一方、鈍感な男性はあまり女性に興味もなさそうで、安心して付き合えるのでしょう。2位は《愛情表現が下手(→表面を取り繕うことができないので裏表がない)》がランク・イン。ちなみに、愛情表現の仕方は男女で大きく異なると言われており、女性が「大好き」などの言葉で示すのに対し、男性は「家事を手伝う」といった行動に移そうとするのだとか。彼や夫の愛情表現がなくてガッカリ、なんていう人もいるかもしれませんが、実は男性なりの愛情表現で精一杯頑張ってくれているのかもしれません。

 3位には《ファッションに気を使っていない(→自分が好きなスタイルに変えられる)》が選ばれました。若いうちは流行に敏感でオシャレな男性がモテる傾向にありますが、そんな男性は譲れない自分のこだわりを持っていることも多いもの。大人になると、付き合ってから相手を“自分色”に染めようと考える女性も多いということでしょうね。若いころに不器用な男性を敬遠していたあなたも、今付き合ってみると思わぬ良さを発見できるかもしれませんよ。

調査方法:NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション(株)提供の「gooリサーチ」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
調査期間:2013 /10/4〜2013/10/8
有効回答者数:1,074名