お互い大好きで一緒にいるはずなのに、ふと気が付けば、いつも彼の思うままに行動している気がする…。今回は、みなさんがそんな「都合のいい女」になっていると思う瞬間はどんなものか、聞いてみました。


 トップ3は僅差となりましたが、最も都合のいい女になっていると感じる人が多いのは、《彼のワガママに付き合わされることが多いと感じたとき》でした。最初は母性本能がうずいて「もう、しょうがないなぁ〜」なんて喜んでいても、一緒にいる時間が長くなるにつれ、少しずつ耐えられなくなってくるもの。相手のワガママがエスカレートしないうちに、厳しい面も見せておいたほうが良いのでしょうね。2位には《彼の予定にいつも合わせるように言われるとき》がランク・イン。彼氏ができるとつい友達より恋人の予定を優先しちゃうという女性もいるようですが、自分から望んでそうするのと相手から強要されるのは、また別の話。なおカウンセラーの荻尚子さんは、恋人の都合を顧みず、自分との予定を常に優先させるよう強制することを「デートDV」と称しています。恋人と過ごす時間はすばらしいものですが、デートDVをする人は「自分を優先してほしい気持ち」が人並み以上に強いのだとか。友達や家族、自分一人で過ごす時間も大切にしたい人がこのような相手と付き合うと、自分のしたいことが一切できなくなる可能性もあるため、気をつけたほうがいいかもしれません。

 3位に選ばれたのは《彼が自分のことを「彼女じゃないよ」と友達に言っているのを聞いたとき》。クールな彼なら照れてつい…といったこともありそうですが、その後のフォローもないようであれば、大切に考えてくれていない可能性は大。さっさと次の恋に移ったほうが賢明かもしれませんね。

調査方法:NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション(株)提供の「gooリサーチ」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
調査期間:2013 /10/4〜2013/10/8
有効回答者数:1,074名