何気なく口にしたことでも、相手がちゃんと話を聞いていて何かのときにフォローしてくれたら、期待していなかった分嬉しさ倍増ですよね。もちろん相手が異性なら好感度もグンとアップ。今回は、異性に覚えてもらっていると嬉しいことを聞いてみました。


 圧倒的多数で1位になったのは《誕生日》でした。自分にとっては一年で最も特別な日でも、世間から見れば何の変哲もない日。にもかかわらず、ちゃんと覚えてくれて「おめでとう」の一言でももらえたら、ホロリときそうです。最近はFacebookなどで友達の《誕生日》を親切に教えてくれる機能もあるので、それで知ってメッセージを送る、そんなパターンも多いかもしれませんが。2位は《自分が話したこと全て》。たとえささいなことでもちゃんと覚えてくれていたら、相手に尊重されている気がしますよね。3位は《好きな食べ物》。なにかの機会にぽろっと話しただけなのに、「これ、お好きでしたよね?」なんて自分の好物を持ってきてくれたら、別に食べ物に釣られるわけではなくても好感度が急上昇しそうです。逆に「嫌いな食べ物」を覚えていてくれて、「ああ、確か甲殻類は食べられないんだったよね」なんて気遣ってもらえたら、それだけで恋に落ちてしまうかも…!?

 「男性よりも女性のほうが記憶力がいい」とよく言われますが、イギリスのケンブリッジ大学の研究チームが49〜90歳の男女4500人を対象に研究したところ、実際に記憶した情報を呼び起こす能力は、女性の方が男性より優れていることが判明したそうです。そんなことを考慮しつつ、相手の記憶力を自分への好意のバロメーターにしてみるのもいいかもしれません。

調査方法:NTTドコモ「みんなの声」にて投票を実施
投票数:19898票
投票期間:2013/10/4〜10/17
※この結果は科学的な統計にもとづくものではありません