桐谷美玲が主演舞台『飛龍伝21〜殺戮(さつりく)の秋〜』で、後ろから抱きつかれて胸をもまれる場面や濃厚なキスシーンなど体を張った演技を見せていますが、本人は「純粋な恋愛のお話」とコメント。そこで今回は「思い出すと胸がキュンとする、好きな恋愛ドラマは?」という質問をしてみたところ、1位には《花より男子1・2》が入りました。


 同作はテレビで2シリーズが放送されたのち、2008年には『花より男子ファイナル』のタイトルで劇場版も公開されています。主演の井上真央は映画出演にあたって「女の子が観て胸キュンできるのが “花男”の魅力だと思うんです。その“花男”のファイナルですから、皆さんの期待を裏切りたくはないという思いがこれまで以上に強かったんです。F4は、今まで恥ずかしくなっちゃうような言葉をいっぱい言ってきたけれど、ファイナルだからこそ『もっといっぱい言って胸キュンシーンを増やしてほしい』と希望を出しました(笑)」とコメント。そんな熱意が功を奏したのか、同作の興行収入は77.5億円にものぼり、DVDは発売1週間で20.4万枚を売り上げる大ヒットを記録しました。映画の初日舞台挨拶に出席した石井監督は「全員で40歳前後に再会して『花より男子around40』でも撮ろうなんて話しています」と続編を示唆し、出演陣も「いけるんじゃない?」と意欲を示したといいますから、メンバーのその後をスクリーンで観ることができるかもしれませんね。

 2位には《ロングバケーション》がランク・イン。gooの「過去にハマった、歴代の月9ドラマランキング」でも1位に入っています。主演の山口智子は同作以降、連ドラの主役を張っていませんでしたが、去年10月スタートの連ドラで16年振りに主演復帰を果たしており、これからはテレビドラマへの出演が増えてゆくかもしれませんね。

調査方法:NTTドコモ「みんなの声」にて投票を実施
投票数:20058票
投票期間:2013/10/7〜10/14
※この結果は科学的な統計にもとづくものではありません