ディズニー映画のブルーレイディスク・DVDとネットサービスをひとまとめにした新商品が発売されるそう。そこで今回みなさんに、お気に入りのディズニー映画について聞いてみました。


 18世紀フランスで生まれた寓話をディズニーがアニメ映画化した作品《美女と野獣》が1位に選ばれました。原作にはないキャラを登場させるなど、新しいアイディアが盛り込まれたこの作品は大変な人気を集め、3年間でアニメ映画史上最高の売上を記録。アニメ映画としては初のアカデミー賞作品賞へのノミネート、作曲賞と歌曲賞の受賞など、次々と記録を打ち立てました。その後ブロードウェイにも初進出を果たし、ミュージカルの舞台に連日、超満員の観客が殺到したそう。日本でも劇団四季によるロングラン公演で有名ですが、不釣合いな男女を「美女と野獣」と形容するほど浸透している作品ですね。少年アンディの子ども部屋で暮らすカウボーイ人形・ウッディと仲間のおもちゃたちの物語《トイ・ストーリーシリーズ》が2位にランク・イン。シリーズ化の過程で、子ども部屋から外の世界へと舞台を移し、ウッディの誘拐、保育園へ寄付されるなどドキドキワクワクの展開の中、おもちゃ同士が仲間意識を持って助け合う様子が共感を呼んでいます。

 サリーと親友マイクの最強モンスターコンビが活躍する《モンスターズ・インク》が3位に。彼らの世界に紛れ込んだ人間の女の子・ブーとのふれあいの中で愛情を感じ始め、人間もモンスターも心は一緒だと気付いていく様子が、子どもも大人も楽しめるファンタジー作品として人気を集めました。

調査方法:NTTドコモ「みんなの声」にて投票を実施
投票数:11315票
投票期間:2013/9/29〜10/13
※この結果は科学的な統計にもとづくものではありません