カレンダーを見ると今年から来年にかけての年末年始は長期休暇を取りやすい曜日配列。最長で12月28日〜1月5日の9連休が可能になります。こうなると、1週間以上の長期海外旅行も可能ですし、2〜3泊の海外旅行を2回なんてことも可能。そこで、今年の年末年始海外旅行におすすめの都市をピックアップしました。


1.ロンドン(イギリス)
ヨーロッパの中でも人気のロンドンではクリスマスが終わるといち早く冬のバーゲンシーズンが開幕。大晦日はカウントダウンイベントで盛り上がります。

2.バンコク(タイ)
過ごしやすい季節なので、屋台グルメ三昧など屋外で楽しむには最適。少し長く滞在するなら、バンコクを拠点にアユタヤ、パタヤなどの観光地へ足を延ばしてみては?

3.ホノルル、オアフ島(ハワイ)
年末年始の海外旅行で不動の人気を誇るホノルル。グループ旅行からカップル、家族まで幅広く楽しめます。オアフ島は自然も豊かなので、ビーチだけでなく渓谷などでリフレッシュも。

 1週間以上の日程ならロンドン、パリ、ローマなどヨーロッパ旅行がおすすめ。2〜3泊の日程なら、やっぱり近場のアジアがいいでしょう。バンコク、シンガポールのほか、世界遺産アンコールワットがあるシェムリアップなども注目です。

 冬の寒い日本を飛び出して、暖かいビーチリゾートで羽を伸ばしたい人も多いでしょう。ホノルルが定番ですが、バリ島、プーケットなどアジアのビーチもいいですね。 12月28日を中心に、すでに予約が取りづらい状況の路線も出てきています。この年末年始に海外旅行へ行くなら、しっかり検討して早めの予約を!

作成:トルノス編集部