ありのままの彼が好き。そう言いつつも、もしも神様に「彼の魅力をもうひとつ増やしてあげるよ」と言われたら、欲が出てしまう人が大半なのではないでしょうか。今回は、本人には決して言えないけれど、彼・夫に「ちょい足し」したい要素は何か教えてもらいました。


 1位は《経済力》という、なんとも現実的な答えになりました。愛はお金では買えないけれど、お金がないと買えないものも多いのです。2位は《気配り》。男性は女性に比べて《気配り》が苦手と言われることが多いもの。自分に対してはもちろん、親や友人にも《気配り》ができる男性ならパートナーとして鼻が高いですね。しかし《気配り》ができる男性は、言い換えれば細かいことを気にしてしまうことが多いもの。彼の大らかなところが好きなのなら、この点は諦めたほうがいいのかもしれません。3位は《身長》。戦後右肩上がりだった日本人の平均《身長》も近年は「伸び止まり」で、平成23年度の調査によれば、17歳男子の平均《身長》は170.7センチメートルと、10年前とあまり変わらない結果になったそうなので、「高望み」は気の毒なのかもしれませんね。

 人間とは強欲な生き物なので、あれもこれもと望みだしたらキリがなさそう。「ちょい足し」願望は心の中だけにとどめて、今の幸せをじっくりかみ締めたいものですね。

調査方法:NTTドコモ「みんなの声」にて投票を実施
投票数:28935票
投票期間:2013/9/23〜10/6
※この結果は科学的な統計にもとづくものではありません