海外旅行をするなら、10月から11月ごろが狙い目だということをご存知ですか? というのも、夏休みと年末年始のちょうど中間にあたるこの時期、アジア、ヨーロッパなど各地への航空運賃が下がるからです。そこで今回は、この時期の旅におすすめの海外都市をセレクトしてみました。


1.バンコク(タイ)
10月に航空運賃が下がり、11月になると雨期が開けて過ごしやすくなるバンコク。これからの季節が狙い目です。

2.パリ(フランス)
まだ寒くなる前の秋のパリは街路樹が色づきはじめ、散策、グルメ、ショッピングと何をするにも快適。航空運賃も安い時期です。

3.ハワイ
混雑を避けてハワイに行くなら11月。雨期といわれますが、かえって美しい虹を見るチャンスが増えるので、それも魅力。

 この時期の魅力は安さだけではありません。人気観光地は7月〜8月をピークに観光客で混雑し、観光名所は長い行列に耐えなければならなかったり、ゆっくり見て回れなかったりということも多々あります。10月にもなればそんな混雑も一段落するため、観光もしやすくなるというわけです。
また、アジアやヨーロッパの多くの都市で過ごしやすい気候になる時期でもありますし、収穫の秋だけに、旬の美味しいものを楽しめるのも魅力。
 秋の休暇が長めに取れる人はもちろん、忙しい人でも11月上旬の3連休も利用すれば近場なら大丈夫。この秋は、思い切って海外へ出かけてみませんか?

作成:トルノス編集部