ひどいことばかりしているのに、いつのまにか多くの人を翻弄してしまう…。そんな「悪女」を演じるには、演技力のみならず醸し出すムードがものをいいそうですが、今回は悪女を演じるなら誰がいいと思うか、若手女優から選んでもらいました。


 1位に選ばれたのは、クールアンドビューティといえばこの人、《黒木メイサ》。若くして一児の母になった彼女ですが、それをまったく感じさせないほどミステリアスな雰囲気を保っています。テレビ朝日の開局55周年記念ドラマ『オリンピックの身代金』でもヒロイン・有美役を務めましたが、インタビューでは「愛する人のために行動を起こせる有美に、私自身もある種のカッコよさを感じ、共感できました」と、悪女とはほど遠い発言をしています。2位は、その完璧な美貌で周囲を意のままにしてしまいそうな《北川景子》。2012年にはドラマ『悪夢ちゃん』で裏表の激しい女性の役を演じましたが、妖艶な悪女役も違和感なくハマりそうですね。3位になったのは、意外や意外!? な結果《綾瀬はるか》。ビデオリサーチ社が年に2回行っている「テレビタレントイメージ調査」でも、3回連続で1位を獲得するなど好感度抜群の彼女ですが、そのイメージと正反対の悪女役をぜひ見てみたいと思う人が多いのかもしれません。

 美しければ美しいほど凄みを増しそうな「悪女」ですが、実際に出会うと大変そうなので、TVの中だけで楽しみたいものです。

調査方法:NTTドコモ「みんなの声」にて投票を実施
投票数:10797票
投票期間:2013/9/20〜9/27
※この結果は科学的な統計にもとづくものではありません