海外旅行の大きな楽しみのひとつがショッピング。免税ブランドショッピングもいいですが、ここしばらく人気が衰えないのが世界各地のおしゃれな雑貨です。インテリアからファッションアイテムまで、日本にいてもさまざまなところで北欧雑貨やアジアン雑貨が見られるようになりました。そんな楽しい雑貨ハンティングを楽しむために、おすすめの都市をピックアップしました。


1.ヘルシンキ(フィンランド)
世界随一のデザイン都市ヘルシンキはマニア垂涎の北欧雑貨の宝庫。マリメッコ、アラビア、イッタラなど有名ブランドのアウトレットも人気です。

2.ホーチミン(ベトナム)
シルク小物や、籐小物、陶器、少数民族メイドのアイテムなどがおしゃれ。ドンコイ通り、パスター通りに雑貨店がひしめいています。
3.ロンドン(イギリス)
ポートベロのアンティーク市をはじめ、カムデンマーケット、コヴェントガーデンなど毎週末マーケットが開かれています。掘り出し物が見つかりそう。

 北欧の中でも「デザイン首都」とまでいわれるヘルシンキは雑貨ファンの間では根強い人気。ショッピングが楽しいのはもちろんですが、いたるところに卓越したセンスがあふれているので町歩きだけでオシャレ心が満たされそうです。またベトナム雑貨もすっかりその人気は定着。ほっこりと癒されるハンドメイド感が魅力です。そしてアンティークといえば本場英国ロンドンで探すのが王道。雑貨には伝統工芸品もあれば最新のデザインと技術でできたものまで幅広くありますが、どれもその国や町の文化が表現されています。そう考えると、旅先のショッピングがまたひとつ楽しみになりますね。

作成:トルノス編集部