スタジオジブリの長編作品で実在の人物をモデルとしたのは初めてとなった『風立ちぬ』。主役・二郎の姿に宮崎駿監督そのものを感じた人も多かったようですが、今回はみなさんに『風立ちぬ』ではまり役だと思う声優について聞いてみました。


 ヒロイン・里見菜緒子の声を演じた《瀧本美織》が大差で1位に選ばれました。NHKの朝ドラ『てっぱん』に主演後、数々の作品に出演していますが、ベネチア国際映画祭の会見では「菜穂子という役を頂き全力で演じました」と語っています。生きるのが決して容易ではなかった時代に明るくいきいきと生きている菜緒子の姿に、女優として活躍する彼女の輝いている姿がダブって見え、視聴者に元気と勇気を与える存在となったのでしょうね。主人公・堀越二郎の声を演じ、宮崎監督の思い入れが強かった人選として有名な《庵野秀明》が2位にランク・イン。『新世紀エヴァンゲリオン』シリーズの監督・庵野氏は、新人時代『風の谷のナウシカ』のアニメーターとして採用され宮崎監督が才能を認めた一人でしたが、その後はライバル・敵対視などの憶測が流れる中、一緒に仕事をすることはなかったそう。しかし、今回の出演を機に「この映画の中に出てくる堀越二郎さんと僕自身が共通するのは“夢を形にしていく”仕事をしているところ」「素の自分のままアフレコをやったところを宮さんが喜んでいたので、やっぱりそうなんだなと」と庵野氏が語っているように、彼の生き方が声にも現れ、そのまま二郎の発する言葉として見る人に伝わってきたのでしょう。

 以前、スタジオジブリで働いていたカストルプ役の《スティーブン・アルパート》が11位に。宮崎監督は以前、家庭の事情で帰国する彼のために似顔絵をプレゼントしようとしたものの、当時は描けなかったそう。しかし今回、時間を経て『風立ちぬ』の絵コンテに彼を登場させ、本人に声優役を頼んだそう。二郎と菜穂子を結ぶキューピット役にはぴったりの人選といえそうですね。

調査方法:NTTドコモ「みんなの声」にて投票を実施
投票数:2446票
投票期間:2013/9/5〜9/19
※この結果は科学的な統計にもとづくものではありません