漢字も含めると日本語には数えきれないほどの「文字」がありますが、これらをサラサラと美しく書ける人はそれだけで一目置かれるもの。けれど実際には、自分でもイヤになるほどクセのある字になってしまったり、なんとなくバランスの悪い文字になってしまったり…。そこで今回は書道教室を運営する金澤容子先生に、キレイに書くのが難しい文字とそれらを上手に書くコツを教えてもらいました。


■1位 子(シ・こ)

 お名前に使われていることの多い字ですよね。2画目の縦画からハネへのラインが下膨れになる方が多いようです。美しく書くには、まず、1画目の終わりと2画目のハネが文字の中心になるようにし、「了」を確実に書きます。そこから、ヤジロベエをイメージしてバランスの良いところに横画をひきましょう。

■2位 富(フ・とみ)

 世界遺産・富士山の「富」ですが、3つの箱のバランスを崩しがちです。1画目の点が勝負! 中心に書き「ワ」を左右同じ長さにします。「一・口・田」の中心とうかんむりの点は一本の線上になります。

■3位 安(アン・やす)

 うかんむりと「女」のバランスが取りにくい字です。女のクロスしている部分が「ウ」の点の真下になるように書くと文字全体の中心が通ります。また、横画の上下の部分が、だいたい同じ長さになるようにすると「女」が安定します。

 文字の作りはシンプルでも、実際に書いてみるとキレイに書くのは難しい…というのが漢字の奥の深さ。ランキングを参考に、美しい文字になるよう意識しつつ集中して文字を手書きしてみることも、時には必要かもしれませんね。