玉置浩二が日本テレビで放送中の連続ドラマ『東京バンドワゴン〜下町大家族物語』に主人公・亀梨和也の父親役で出演し話題となっています。そこで今回は「自分の父親だったらいいのに」と思うミュージシャンを選んでもらいました。


 現在公開中の映画『そして父になる』で、6歳まで育ててきた息子が取り違えられた他人の子だと判明した父親の葛藤を好演している《福山雅治》が1位でした。実際は未婚の《福山雅治》ですが、ルックスもさることながらラジオやトーク番組で見せるユーモアが人気の理由なのでは。2位にはサザンオールスターズの《桑田佳祐》がランク・イン。楽器や歌を教えてくれたり、ハイクオリティな子守唄を歌ってもらえるのでは…と妄想が膨らみますね。《桑田佳祐》の長男の桑田祐宜はロックバンドREAD ALOUDのボーカルとして活躍中だそう。やはりミュージシャンとしての父親の影響は強いのかもしれませんね。つづく3位は《トータス松本》でした。休日は子どもと一緒に遊んでくれそうな、子育てに明るいイメージがありますよね。父親だったら一緒に歌を歌って楽しい毎日が暮らせそうな気がしてきます。

 ミュージシャンといえば少し世俗を離れたイメージがありますが、実際に子どもが生まれたら意外と子煩悩になり家庭を大事にしそうな人もたくさんいますよね。みなさんはどんなミュージシャンに父親になってほしいですか?

調査方法:NTTドコモ「みんなの声」にて投票を実施
投票数:3497票
投票期間:2013/ 9/4〜9/18
※この結果は科学的な統計にもとづくものではありません