ネオマーケティング社の調査によると、最近は休日もインドアで楽しむ「ウチ族」なるカップルが増えているそうですが、やはり旬なデートスポットを楽しみたい、という人も多いはず。今回は「ちょっと恋愛マニュアルを意識しすぎなんじゃ」と思う男性の行動は何か聞いてみました。


 1位に選ばれたのは、《「次は○○に行って、その後すぐ○○を見て…」など過密スケジュールを立ててくる》になりました。雑誌のモデル日程でも見たのでしょうか。分刻みでスケジュールが決まっており、せっかくおしゃれなカフェに行っても「あ、そろそろ次に行かなきゃ」、通り道にかわいい雑貨店を見かけても当然立ち寄り不可、などなんだか息が詰まってしまいます。せっかくのデート、その場の雰囲気で行き先を変えたり、もう少し気ままに楽しみたいですよね。しかしながら全部こちらにお任せのノープランの彼だと、もっと困るかもしれません。2位は《きれいな夜景を前に「君に見せたかったんだ」「君の方がきれいだよ」とクサいセリフを言ってくる》。100%ギャグだという自信があればこちらも鋭い切り返しができるのですが、「もしかして本気で言っているのかも」という疑念が湧いてしまったら、さてどうしたらいいものでしょう。ここは腹をくくって、周りに人がいないのを横目で確認してから、彼の臭い芝居に付き合ってあげるものアリかもしれません。ちなみに昨年末にトリップアドバイザーが発表した日本の夜景スポットの口コミランキングでは、1位が函館の「函館山」、2位が長崎市の「稲佐山」、3位は神戸市の「摩耶山」と、以前から「日本三大夜景」とされている地域が見事にベスト3にランク・インしたそうです。

 マニュアルばかりに捕らわれた男性はちょっと情けなくはありますが、あなたのために必死に調べてデートプランを練ってくれたのだ、と思ったらなんだか愛しく思えてきませんか。

調査方法:NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション(株)提供の「gooリサーチ」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
調査期間:2013 /9/2〜2013/9/3
有効回答者数:1,077名