寒くなってくると俄然おいしさを増す鍋料理。そのウチごとの家庭の味や、地域で受け継がれてきた伝統の味もいいですが、毎年進化を遂げる「変わり鍋」も食卓においしい変化をもたらしてくれます。そこで今回は、自宅で挑戦してみたい「変わり鍋」について聞いてみました。


 見事1位に輝いたのは《チーズ鍋》。ネット上で《チーズ鍋》を検索してみると、中に入れる具やスープのバリエーションの豊富さに圧倒されるはず。豆乳とチーズを混ぜたスープに白菜やソーセージなどの具を入れて洋風にしたり、鮭と味噌を合わせて海鮮チーズ鍋にしたり、4位のように《キムチチーズ鍋》にしたりと、味の組み合わせは本当に様々。家庭の味をどう出すか腕の見せ所ですが、まずは市販のスープの素を使ってみたい…という人は、ブレンドされたチェダーチーズとクリームチーズに白みそとポークのうま味が加わったコクのあるスープの「チーズ鍋スープ(ダイショー)」などで手軽に作ってみてもいいですね。子どもから大人まで楽しめそうなのが、3位の《カレー鍋》。スープを普段よりもサラッとさせてスープカレー風にしたり、ホウレン草や水菜、しゃぶしゃぶ用の豚ロースなどさっと湯がいて食べられる具を入れたりすると、普段作るカレーとの違いが際立ちそうです。

 「変わり鍋」は「こう作る」という決まったレシピがないものが多いですが、むしろそれが「変わり鍋」の魅力のひとつ。様々なスープや具材を試しながら、我が家一押しの「変わり鍋」を見つけてみてくださいね。

調査方法:NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション(株)提供の「gooリサーチ」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
調査期間:2013 /9/2〜2013/9/3
有効回答者数:1,077名