一度ケンカをしてしまうと、そのあとが大変な人間関係。関係修復に時間がかかってしまうこともありますが、今回みなさんに、ケンカをすると特に面倒くさいと思う相手について聞いてみました。


 身近にいて、嫌でも必ず顔を合わせる人がやっぱり上位に。その中でも傍にいる人《夫・嫁》が1位になりました。常に顔をあわせる必要はない《恋人》が8位になっていることからもわかる通り、一つ屋根の下にいての冷戦状態が一番大変なようですね。「つい、余計な一言を言った」「ムダ遣いがばれた」など、ケンカの理由は些細なことでも積み重なった“うっぷん”は相当な場合も。「ケンカするほど仲が良い」とも言われますが、その場その場で後に引かないような解決方法を探りたいですね。夫婦の関係にも影響を与える可能性のある《義理の母親》が3位に。「マザコン」とまではいかなくとも、男性がつい母親の肩を持ってしまうというのはありがちな話。《義理の母親》との関係は新しくできた親子関係であるだけに、余計に言葉遣いや態度に気をつけなければいけない相手といえそうですね。

 元々こじれると面倒くさい関係というイメージがある《隣人》が2位にランク・イン。嵐・二宮和也主演の『フリーター、家を買う。』というTVドラマでは、浅野温子演じる母親が《隣人》らのいじめに遭って“うつ病”になり、絆を強めた家族が母親のために家を買って引っ越すというシーンがありましたが、関係修復の手立てがなく「引越し」しか解決方法がないことも在り得る厄介な相手といえますね。

調査方法:NTTドコモ「みんなの声」にて投票を実施
投票数:31724票
投票期間:2013/9/1〜9/14
※この結果は科学的な統計にもとづくものではありません