来夏2部作連続公開される映画『るろうに剣心』の「京都大火編」「伝説の最期編」で、若手女優・土屋太鳳が人気女剣士・巻町操に扮し本格アクションに初挑戦することが分かりました。そこで今回は「本格アクションが似合いそうな女優は?」という質問をしてみたところ、1位には《黒木メイサ》が入りました。


 gooの「女兵士役が似合いそうな女優は?」でも1位に入っている《黒木メイサ》。NHK大河ドラマ『八重の桜』では薙刀の名手だったという中野竹子を熱演しており、会津戦争のシーンでは母や妹らと「婦女子隊」を結成し奮闘するも、銃弾に倒れる姿に涙した人も多かったのではないでしょうか。そのアクション暦は16歳のとき、明治座史上最年少座長として出演した『あずみ〜AZUMI on STAGE〜』からと長く、今年の8月公演の『「源平盛衰記」異聞 巴御前 女武者伝説』でも激しい立ち回りを披露しています。ここで演じたのは平安末期にタイムスリップした女性自衛官役で、源頼朝役の西岡徳馬からは「重い衣装であれだけのアクションを見せるのは本当にすごい」というコメントが。木曽義仲役の的場浩司からも「メイサはアクションをやらせたら、いま日本一ですよ」と賞賛されているほどですから、将来はそちらの分野で頭角を現してゆくかもしれませんね。

 2位には《真木よう子》がランク・イン。gooの「女性SP役がハマる女優は?」でも1位に入っていますが、これは『SP 警視庁警備部警護課第四係』の笹本絵里役が影響しているのかもしれません。本人いわく「子どものころは空手の回し蹴りがすごく好きだった」そうで、共演者の岡田准一からは「日本で唯一、ステップ(踏み込み)から膝げりができる女優」だと絶賛されているのだとか。『SP 野望篇』ではノー・スタントで撮影に挑んだといいますから、まだ観ていない人はDVDでその迫力を確認してみてはいかがでしょうか。

調査方法:NTTドコモ「みんなの声」にて投票を実施
投票数:10365票
投票期間:2013/9/1〜9/8
※この結果は科学的な統計にもとづくものではありません