「この人と一生一緒添い遂げたい」。そう願って結婚した夫でも、あわただしい毎日のなかで、ついないがしろにしてしまうことも…。今回はそんな思いを一蹴して初心を思い出す、「夫に惚れ直す瞬間」はいつか選んでもらいました。


 今回のランキング、圧倒的多数の1位はなんと《惚れ直したことがない》という結果に。逆バージョンのgooランキング「妻に惚れ直す瞬間」では1位が《病気を看病してくれる時》だというのに、なんとも寂しい限りです。さて、気を取り直して2位は、《問題に冷静に対処している時》になりました。家庭を持つと、両実家との関係、子ども関係、ご近所トラブルなど、独身時代には考えもしなかった問題が勃発するもの。そんな時夫が自分とは違った視点で冷静に対応してくれたら、一気に頼もしく思えますね。独身時代には気づかないポイントとしては、5位《子どもと楽しそうに遊んでいる時》も挙げられます。二人の子とはいえ、世話もしつけも母親がやって当然という男親もいる中、子どもと真剣に向かい合っている姿を見れば「この人と結婚してよかった」と惚れ直してしまいます。世の中に「イクメン」が浸透するのにしたがって男性の育児休暇にも関心が高まっていますが、ライフネット生命保険が行ったアンケートによると、勤務先について「男性が育児休業を取得できる雰囲気がある」と答えた人が23.6%とまだ少数。男性社会が長かった日本で、真のイクメンが定着するにはまだ時間がかかりそうです。

 ほかにも3位《優しい言葉をかけられた時》、10位《笑顔を見せてくれた時》など何気ない瞬間に惚れ直す人もいましたが、この「何気なさ」が、夫婦円満の秘訣かもしれません。

調査方法:NTTドコモ「みんなの声」にて投票を実施
投票数:25005票
投票期間:2013/8/26〜9/8
※この結果は科学的な統計にもとづくものではありません