悲しいとき、苦しいとき、自分で決めた応援ソングを時には頭の中で、時には大声で歌い上げて自らを奮い立てようとする人は少なくないはずです。今回は、みんなに自分の応援ソングは何か教えてもらいました。


 1位に輝いたのは《負けないで(ZARD)》。90年代に一世を風靡したZARDの名曲ですが、発売から20年が経ってもこの歌が持つ威力は変わらないようで、就職情報会社マイナビが来年卒業予定の大学生・大学院生に調査した「就活中によく聴く曲」でも第1位に選ばれたそうです。優しく励ましてくれる歌詞、透明感があるボーカル坂井泉水の歌声、そして、早過ぎず遅過ぎず、大地を踏みしめて歩くのにぴったりのテンポのメロディーが、多くの人に勇気を与えるのかもしれません。2位は《栄光の架橋(ゆず)》。自分の夢に向かい続けることの辛さと尊さをじっくりと歌い上げるこのバラードは、何かを諦めそうになったとき、特に心に染みわたるのでしょう。3位《ファイトソング(嵐)》は、ノリが良くて歌えば元気が出るまさに「嵐」らしい曲。作曲が二宮和也、作詞が嵐メンバーというだけあって、悩みながらも前に進む若者のひたむきな気持ちがダイレクトに伝わってきます。スーパーアイドルである彼らをどこか「等身大」で感じられるのも、この曲の魅力ですね。

 今回ランク・インしたのは心に響く名曲ぞろい。知らない曲があった人もこれを機に一度聴いてみれば、新たな自分の応援ソングになるかもしれませんよ。

調査方法:NTTドコモ「みんなの声」にて投票を実施
投票数:22953票
投票期間:2013/8/15〜9/6
※この結果は科学的な統計にもとづくものではありません