日本を代表するコメント付き動画共有サービスとして若者を中心に圧倒的な支持を集めている「ニコニコ動画」。公式アニメやニュースの配信など多彩な動画コンテンツを提供しており、今年6月には登録会員数が3,415万人にも達しています。そんなニコニコ動画のコンテンツの中でも、特にユニークなのがユーザーによる歌やダンス、CG映像、アニメといった自主制作の動画です。


 数ある自主制作動画の中でも、「この作品は秋の夜長に楽しむにはちょうど良い」と多くの人が評価したのは、《【替え歌】自由の社畜【進撃の巨人】》です。人気アニメ『進撃の巨人』の一期オープニング曲『紅蓮の弓矢』を、会社員を主人公に据えた替え歌で、会社勤めでつらい経験をしたことがある人なら思わず「うんうん」とうなずいてしまいそうなリアルな内容が特徴です。

 2位には、同じく『進撃の巨人』を題材にした《壁が壊された時のために立体機動装置作っておいた》が続きました。こちらはユーザーの間で「作ってみた」と言われる工作系の動画で、ワイヤーを射出して空中を高速移動できる作中の装備「立体機動装置」をリアルに再現したものとなっています。動画では仕組みや製作の過程なども紹介されていますが、アニメの中で登場する装備を投稿者が創意と工夫で作り上げていく様子には、驚きの声をあげずにはいられません。

 『進撃の巨人』関連では、このほかにも一期オープニングをおもしろおかしく実写アレンジで再現した《【進撃の巨人OP実写化】進撃の魚人【水泳部員】》や、登場キャラクターのMMDとボカロ曲『威風堂々』をコラボさせた《【進撃のMMD】威風堂々*》がランク・イン。同作品がニコニコ動画内で高い人気を得ていることがうかがえる結果となりました。