『スラムダンク』は万年弱小だった湘北高校バスケ部メンバーの成長過程が描かれた漫画・アニメですが、彼らの前に立ちふさがるライバルたちとの人間模様も人気の要因。ということで、今回みなさんに、湘北のライバル選手の中で、好きなキャラについて聞いてみました。


 キャプテン赤木やバスケット未経験の不良・桜木など、個性的なメンバーが揃う湘北の一番のライバル校といえば「陵南」。そこのエース《仙道彰》がキャプテン《魚住純》を抑えて大差で1位になりました。常に冷静でマイペースを貫く天才プレーヤーですが、攻撃でも防御でも、的確な判断で勝利へと導く姿から監督をはじめ、チームから絶大な信頼を得ている様子。また、たとえビハインドの状況でも「まだあわてるような時間じゃない」「さあ、行こうか」と仲間に語りかけるなど、人間として「余裕」を感じさせる器の大きさも魅力の一つ。敵であっても素質や活躍を認めることができる大人な選手で、チームをひっぱるリーダーとしても評価が高いのでしょう。

 2位にランク・インした《魚住純》は体を張ったプレーが得意な選手で、その体格の良さから通称「ビッグジュン」と呼ばれるほど。高さを生かした豪快なプレーに魅了された人も多かったことでしょう。また、入部当初は「ただデカいだけ」と陰口を叩かれ、必死で練習を重ねてのしあがった姿に好感を抱いた人もいるはず。同じ神奈川の高校でなければ、湘北とインターハイで戦ってほしかったという陵南ファンも多いようですね。

調査方法:NTTドコモ「みんなの声」にて投票を実施
投票数:3377票
投票期間:2013/8/21〜9/5
※この結果は科学的な統計にもとづくものではありません