頼りなさげでつい守りたくなってしまうという、ハの字型の眉をしたいわゆる「困り眉」の人気が最近高まっているそうです。今回は母性本能を掻き立てそうな「困り眉」の男性有名人といえば誰が思い浮かぶか、選んでもらいました。


 栄えある1位に選ばれたのは、《えなりかずき》でした。5歳の時から出演している国民的ドラマ『渡る世間は鬼ばかり』シリーズで、彼の成長を目の当たりにしていた人も少なくないのではないでしょうか。愛くるしかった少年も、今では貫録たっぷりのおじさん顔になりましたが、トレードマークの眉は健在です。ちなみに同シリーズで母親役を務める泉ピン子は、「私が生きているうちは(《えなりかずき》を)結婚させません」と、言いきっているのだとか。2位は《大野智》。誰もが認めるイケメンでありながら、その眉の効果なのか、どこかとぼけた独特の雰囲気を醸し出しています。4位は、主演ドラマ『半沢直樹』がメガヒットし、今ノリに乗っている俳優《堺雅人》。下がり気味の眉とにこやかな目元が特徴ですが、演技中にはそれらのイメージがすっ飛んでしまうほど多彩な表情を見せてくれるのが彼の大きな魅力ですね。

 困り眉は、人相学的には「おおらかで心が広いのんびり屋」タイプで、特に男性の場合は偉大な実業家や政治家になり、長生きする相なのだとか。ランク・インしたメンバーをあらためて眺めても、みな実力派で、厳しい芸能界でも長生きしそうですね。

調査方法:NTTドコモ「みんなの声」にて投票を実施
投票数:13038票
投票期間:2013/8/21〜9/3
※この結果は科学的な統計にもとづくものではありません