日本で体験できないことを楽しむのも海外旅行の醍醐味のひとつ。カジノはその代表格といえるでしょう。カジノ運営は日本では認められていませんが、有名なネバダ州(ラスベガス)やモナコ公国をはじめ海外のいくつかの国や都市などで合法化されています。今回は世界のカジノをピックアップしてご紹介しましょう。


1.ラスベガス(アメリカ)
初心者でも小額で遊べるスポットがあるほか、ショーなどお楽しみが充実、テーマのあるホテルも魅力。

2.モンテカルロ(モナコ公国)
ヨーロッパでカジノといえばここ。セレブの集う超ゴージャスな雰囲気、一度は味わってみたい!

3.マカオ
いまや収益がラスベガスを超えたといわれるアジア随一のカジノ都市。最近、新ホテルが続々オープンしています。

 一口にカジノといっても、国や都市によって趣きはさまざまです。モンテカルロをはじめヨーロッパのカジノは格式高い雰囲気があり、ドレスコードもあるので出かける際は事前に確認を。一方ラスベガスやゴールドコースト、マカオなどではカジュアルな服装でも問題なく、小額からでも楽しめるのが魅力。
 ちなみに、カジノには年齢制限があり、アメリカやマカオでは21歳以上、ヨーロッパでは18歳以上など国によっても異なります。また、カジノでは写真やビデオの撮影は禁止されているので注意しましょう。
 さて、あなたは大胆に賭けて一攫千金を狙う? それとも手堅く勝ちを積み上げる?

作成:トルノス編集部