友達とワイワイおしゃべりしている時や、勉強や仕事に疲れた時の一休み中、家でゆっくりテレビを見ながらなど、生活の様々なシーンに欠かせないスナック菓子。味にうるさい日本人の舌を満足させるスナック菓子はたくさんありますが、あえて“ベスト3”を選ぶとすればどれ? 今回は現在西友で開催中のおいしさ総選挙「みなさまの味番付」の結果をもとに、スナック菓子ベスト3をお知らせします。


 堂々の1位に輝いたのは明治の《カール》。誰でも一度は食べたことがあると言っても過言ではない国民的スナック菓子《カール》は1968年7月25日に登場したロングセラー商品で、今年でなんと発売45周年! 発売当時日本には「スナック菓子」という概念そのものがなかったそうで、《カール》は日本にスナック菓子の歴史の第一歩を刻み込んだお菓子。45周年を記念して過去に開発検討されつつも発売には至らなかった幻の味、「カール トマトスープ味」も発売されており、《カール》ファンは要チェックです。2位には《じゃがりこ》、3位には《じゃがビー》がランク・インし、じゃがいも系のスナック菓子では他社の追随を許さないカルビーが強さを発揮しました。カリカリの食感がやみつきになる《じゃがりこ》は、8月26日から焼きいも味の「さつまりこ」が発売開始。こちらは11月下旬までの期間限定発売とのことなので、スーパーやコンビニで見つけたら、とりあえず買っておいた方が良さそうです。

 西友の「みなさまの味番付」では、スナック菓子の他にもさまざまな“ベスト3”をチェックすることができます。まだ投票を受け付けているものもあるので、みなさんの好きな商品にぜひ一票投じてみてはいかがでしょうか。

調査方法:西友がおいしさ総選挙「みなさまの味番付」キャンペーンにて消費者からの投票を行い、その結果を集計したものです。
投票期間:2013/8/13〜2013/8/19