「何もしない贅沢」という言葉があります。休暇中は海外のリゾート地で海を眺めたりプールサイドで読書したり、ひたすらのんびり過ごすのが贅沢というわけ。とはいえ、いくらきれいな海に囲まれていたとしても、ずっと何もせずに過ごすなんて退屈! という人も少なくないでしょう。海外旅行という脱日常の中で、普通の体験じゃつまらない。この際ちょっと「冒険」な遊び方、楽しんでみませんか?


1.砂漠サファリ、ドバイ(アラブ首長国連邦)
四輪駆動車に乗って、ドバイ近郊の砂漠を駆け抜けるダイナミックなドライブ体験。広大なアラビアの砂漠を体感!

2.ナン・マドール遺跡巡り、ポンペイ(ミクロネシア連邦)
ミクロネシア地域最大の遺跡、ナン・マドール。水上に築かれた神秘の古代遺跡をシーカヤックで巡ることもできます。

3.エッジウォーク、トロント(カナダ)
トロントのシンボル、CNタワーの地上365m地点でタワーの外に出て、ハーネスを着けて歩くというスリル満点のアトラクション。

 リアルな冒険は無理だとしても、現地ツアーなどを利用すればさまざまな「疑似冒険」を体験することができます。砂漠ドライブ、シーカヤック、ラフティングなどダイナミックな自然を満喫する冒険だけでなく、最近ではバンジージャンプを模したものをはじめ、海外の絶叫マシン系アトラクションも一種の冒険といっていいレベルになっています。一度体験したら人生観が変わるかも? この夏の海外旅行で、ぜひチャレンジしてみましょう!

作成:トルノス編集部