今年8月にテレビ放送された『天空の城ラピュタ』は、地上波で14度目の放送にもかかわらず視聴率18.5%を記録したとか。ジブリ作品の底力は計り知れませんね。そこで今回みなさんに、ジブリ作品に登場する憧れのカップルについて聞いてみました。


 見習い機械工として働く少年(パズー)の元に、空から女の子(シータ)が降ってきたという運命的な出会いを果たした『天空の城ラピュタ』の《パズー&シータ》が堂々の1位に選ばれました。シータを守り、また自分の夢を叶えるため、主人公の少年パズーが「天空の城ラピュタ」を目指して冒険の旅に出るというストーリーですが、命をかけてシータを守ろうとするパズーの姿は特筆もの。中学生の年ごろとは思えないしっかりとした考え方と行動力で、苦難に立ち向かう二人を自然と応援してしまう視聴者の存在が、繰り返し放送されるたびに高視聴率をたたき出す要因といえそうです。冒険の後、この二人はどうなった? という話がネット上でも語られていますが、みんなハッピーエンドを願って止まないようですね。

 少女漫画を原作としたピュアな恋物語『耳をすませば』の《雫&聖司》が2位にランク・イン。本が好きな中学3年生の女の子とバイオリン職人を目指す同級生という間柄ですが、雫にとって“最悪”の出会いだった聖司が将来を見据えてしっかりとした生き方をしていることから気になる存在となり、いつしか“好き”に変わるという少女の心模様が描かれ、若い頃の自分と重ね合わせた女性視聴者の共感も得たのでしょう。淡い恋心は誰にも存在するもので、今ちょうど同世代の人も、うまくいかなかった経験のある人も、憧れを抱くカップルといえそうですね。

調査方法:NTTドコモ「みんなの声」にて投票を実施
投票数:32889票
投票期間:2013/8/10〜8/17
※この結果は科学的な統計にもとづくものではありません