女性誌『CanCam』が命名し、メディアで注目を集めた「ぷに子」。「さわるとやわらかそうで、女の子らしい丸みのある体型で、ぷにっとした弾け肌の持ち主」を指す言葉ですが、今年はこのほかにも3月に「ぽっちゃり女子」向けの女性誌『la farfa(ラ・ファーファ)』が創刊されるなど、ふっくらとした体型の女性に注目が集まっています。


 そんなぷに子の魅力として多くの人が挙げているのが、《親しみやすい》です。親しみやすさを感じる条件はもちろん見た目だけではありませんが、やはり最初に目にした時の印象は大事です。このほかにも《一緒にいて落ち着く》や《見ていて癒される》などがランク・インしていますが、幼児のぽちゃぽちゃとした体型が警戒心を和らげて保護欲を刺激するように、ぷに子体型にも同様の印象を与える効果があるのかもしれませんね。

 《親しみやすい》に次いで挙げる人は多かったのは、《性格が温厚》でした。性格と体型の関連性についてはドイツの医学者エルンスト・クレッチマー体型性格論でも触れられているように、一概に「根拠に欠ける」と否定できるものではありません。「太っている=温厚」が古くからパブリックなイメージとして受け入れられているのにはそれなりに理由があるはずですし、実際に身の回りを振り返ってみても、ぷに子の条件に当てはまる女性が温厚だと感じるケースは多いのではないでしょうか。

 ただし、世間的にぷに子が人気だからといって、太っていることを気にしている女性やダイエットに熱心な女性に男性が「少しぽっちゃりしてるくらいがかわいいよ」と気軽に言うのはNGです。女性の場合は必ずしも男性に好かれるために痩せる努力をしているわけではないので、男性の皆さんは注意してくださいね。 調査方法:NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション(株)提供の「gooリサーチ」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
調査期間:2013/8/2〜2013/8/6
有効回答者数:1,046名