運動部のキャプテンといえば、実力と人望を兼ね備えた、みんなから一目置かれる存在。今回はそんなキャプテンがしっくりはまる20-30代のジャニーズといえば誰か、選んでもらいました。


 先輩グループのバックダンサーから芸能活動をスタートするというジャニーズタレントなら誰でも運動神経が良さそうですが、そんな中「運動部のキャプテンが似合う人」1位に選ばれたのは、スポーツ番組『Going! Sports & News』でベースボール スペシャルサポーターを務める《亀梨和也》になりました。もともと野球が好きで知られる亀梨ですが、2010年にプロ野球の始球式で投げたときも事前にかなり練習するなど、スポーツに対する真摯な姿勢が垣間見えるのが魅力です。そんなキャプテンの姿を見習って慕う部員がたくさんいそうですね。2位は、マルチな才能を発揮している《村上信五》が選ばれました。人当たりがよくて気さくなキャプテンとして、部員達に愛されそうです。3位の《櫻井翔》なら、ときに優しくときに厳しく、メリハリをつけてチームを引っ張っていってくれそう。4位《岡田准一》はその優れた身体能力で知られていますが、ストイックに技を磨く姿に心酔する部員がいそうですね。

 実は日本は、世界の中でも学校の体育施設が充実している国だそう。ヨーロッパでは学校にグラウンドや体育館が整備されていることが少なく、学校の部活動よりも地域のスポーツクラブのほうが盛んなのだとか。もし日本がヨーロッパのような状態であったら、放課後のグラウンドで、ジャニーズタレントとは言わないまでも、爽やかな運動部キャプテンが活躍する姿を見ることもできません。そう考えると、ある点ではスポーツ好きの人は日本に生まれてラッキーと言うことができそうですね。

調査方法:NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション(株)提供の「gooリサーチ」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
調査期間:2013 /8/2〜2013/8/6
有効回答者数:1,046名