厳しい予選を勝ち抜いてきた才能豊かな球児たちが一堂に会する夏の甲子園。そんな球児たちの中でも、ずば抜けた実力と存在感を備えた者には「怪物」の称号が与えられます。甲子園の長い歴史の中で数々の怪物が人々の注目を集めてきましたが、平成以降に活躍した球児の中で最も「怪物」の名がふさわしいのは誰なのでしょうか?


 多くの人たちが「彼こそ怪物!」とその名を挙げたのは、名門・横浜高等学校在学中の1998年に春夏連覇を成し遂げた《松坂大輔》でした。150km/hを超える豪速球と多彩な変化球で全国の並み居る強打者をなで切りにし、夏の甲子園では決勝でノーヒットノーランを達成するなど強烈な印象を残しました。

 続いて支持する人が多かったのは、現在大リーグテキサス・レンジャーズで活躍している《ダルビッシュ有》です。東北高等学校では1年から野球部のエースとしてマウンドに立っています。甲子園では2年生の夏に準優勝、3年生の春にはノーヒットノーランを達成。実績こそ連覇を経験した《松坂大輔》に及びませんが、印象の強さでは負けず劣らずと言ってもよいのではないでしょうか。

 このほかにも、現在球界ナンバーワン投手の呼び声が高い《田中将大》(東北楽天ゴールデンイーグルス)や、「ハンカチ王子」の愛称で日本中をわかせ、《田中将大》と夏の甲子園決勝で激闘を繰り広げた《斎藤佑樹》(北海道日本ハムファイターズ)など、そうそうたる顔ぶれが並んでいますが、彼らを超えるような平成の怪物が今後登場してくるのかどうか——非常に楽しみですよね。

調査方法:NTTドコモ「みんなの声」にて投票を実施
投票数:3737票
投票期間:2013/7/31〜8/4
※この結果は科学的な統計にもとづくものではありません