夏を代表するスポーツイベントの一つである全国高等学校野球選手権大会——通称「夏の甲子園」。テレビの前で、或いは球場のスタンドで高校球児たちが全力でぶつかり合う姿を見るのは、プロ野球とはまたひと味違った楽しさがあります。


 そんな夏の甲子園のだいご味といえば、何と言っても《負けた選手たちが土を持ち帰る姿》でしょうか。戦前から始まったとも言われているこの習慣、憧れの舞台を去る記念に土を持ち帰る姿は見ていて胸に迫るものがありますよね。ちなみに、この甲子園の土は現在「阪神園芸グラウンドキーパーの土」の名称で一般購入も可能になっているとのこと。甲子園マニアの人は自宅の庭に使ってみてはいかがでしょうか?

 この《負けた選手たちが土を持ち帰る姿》や《選手たちの悔し涙》、《選手たちのうれし泣き》のような感情を揺り動かされる光景とは違いますが、《きびきびと動く選手の姿》もまた、甲子園ならではのだいご味と言えるでしょう。経験を重ねたプロ野球選手たちの落ち着いた振る舞いも味わい深いものですが、躍動感を感じさせる若き球児の姿は甲子園ファンにとって一服の清涼剤のようなもの。彼らの姿を見ていると、夏の暑さなんてどこかへ吹っ飛んでしまいますよね。

調査方法:NTTドコモ「みんなの声」にて投票を実施
投票数:3533票
投票期間:2013/7/31〜8/4
※この結果は科学的な統計にもとづくものではありません