お互い異なるからこそ反目し、あるいは惹かれあう男と女。男性から見ると「ここが面倒くさい!」と思う女性の行動は色々ありますが、今回は、一番面倒だと思うのは何か聞いてみました。


 男と女の脳の違いは、かつては社会的な環境が影響しているといわれていましたが、近年は本質的に違うことがわかってきているそうです。さて今回1位になったのは、《言わなくても理解しろという態度》。コミュニケーション能力に長けているといわれている女性は、わずかな会話から相手の心理状態を察知したり、言葉の行間を読み取ろうとしたりする人が多いもの。そのような傾向が強い女性ほど、余計に「相手も自分の気持ちを察してくれるはず」と思ってしまいがちです。2位は《昔の話を引っ張り出す》。自分も忘れていたような過去の過ちの詳細をネチネチと責められて、たじろいだ経験がある男性は多いことでしょう。脳の構造上、男性が感情を短期記憶として扱うのに対して、女性は嫌な感情を言語化し、長期記憶として蓄える特徴があるのだそうです。4位の《自分のことを好きかどうか確かめる》のように、むやみにと感情を確認したがるのも女性の特徴だとか。一方日本男児は諸外国の男性に比べても特にシャイで、「好きだ」なんてせりふをしょっちゅう言えない人も多いので、余計にお互いがすれ違うのかもしれせん。

 ずらりとランク・インした項目には、裏を返せば異性を理解するためのヒントがいっぱい。ランク・インした内容を許容できる器の大きな男性、あるいは男性を困惑させないようにランク・インするような振る舞いを控えられる女性がモテるのは、当然のことかもしれません。

調査方法:NTTドコモ「みんなの声」にて投票を実施
投票数:18571票
投票期間:2013/7/18〜7/31
※この結果は科学的な統計にもとづくものではありません