ギャグが不発に終わり、その場が微妙な空気になる。そんな状態が一周しておかしく感じるという「スベリ芸」ですが、今回はみんなが本当はおもしろいと思うスベリ芸人は誰かを聞いてみました。


 栄えある1位に見事輝いたのは「ワォ!」でおなじみの《岡田圭右(ますだおかだ)》になりました。今やスベリ芸人の代表格のような扱いですが、実は「ますだおかだ」は、第2回M-1グランプリで優勝するほどの実力派芸人なのです。ちなみに本人は自身初の単独単行本『無欲〜岡田がおかだである理由〜』が出版されたとき、「スベリ芸を17年間、無欲でやってます」と語っています。2位になったのは《千原せいじ》。せいじといえば、天才的に人付き合いがうまく、初対面の芸人やスタッフはもちろん、一般人やときにはロケで会ったアフリカ・マサイ族の人々とさえも、すぐに打ち解けてしまうほどだとか。そんな彼のトークは、「洗練された芸人のネタ」というよりも、「近所のおっちゃんのしゃべり」っぽいので、実力がわかりにくいのかもしれません。3位の《児嶋一哉(アンジャッシュ)》は、モテキャラの相方・渡部建との対比もあり、ヘタレキャラ扱いされることが多いですが、アンジャッシュの持ち味である「勘違いネタ」は綿密な計算のもとにつくられるもの。彼の発言がスベッて見えるのも、自分のキャラを考慮した上での計算なのかもしれませんね。

 「スベリ芸」とはいえ、笑いを引き起こすためには、その場の雰囲気やタイミング、周りにいるメンバーなどあらゆる要素が整っている必要があります。笑いとして確立された「スベリ芸」、実は結構奥が深いものなのかもしれません。

調査方法:NTTドコモ「みんなの声」にて投票を実施
投票数:15250票
投票期間:2013/7/23〜7/30
※この結果は科学的な統計にもとづくものではありません