一口に「飲み会」といっても、仲間うちの気軽な集まりから仕事気分で参加する乗り気のしないものまでさまざまです。今回は飲み会でされるとテンションが下がってしまう嫌な話題はどんなものか、みんなに聞いてみました。


 1位になったのは、ズバリ《説教》でした。酔うと変にからんできて、くどくど《説教》をする人っていますよね。職場の飲み会などでは座るポジションで居心地が大きく変わりますが、つい出遅れて説教好きな上司の横に座ることになったなら、腹をくくるしかありません。飲料メーカーのキリンビールが実施したアンケートでも、酒の席で守ってほしいマナーとして上位3位に「からなまい」「説教をしない」「無理にお酒をすすめない」が選ばれています。2位は《人の悪口》。しらふではいえない悪口を酔いに任せて吐き出す人は少なくないものですが、ネガティブな内容ばかりを聞かされる方はたまりません。うかつな悪口は思わぬ人の耳に届いて、後々ハレーションを起こす危険性もあるので要注意です。3位は《年収などお金の話》。お金の話はとにかくデリケートで、多くても少なくても気まずい雰囲気になることが多いもの。自分からペラペラ収入の話をしたら自慢と思われても仕方ありませんし、他人のお財布事情を聞き出そうとするのも、上品とはいえませんよね。

 プライベートでも仕事でも、せっかく飲むのならできるだけ楽しい時間を過ごしたいもの。その場の雰囲気を壊さないように適切な話題を提供するのが、オトナの飲み方なのではないでしょうか。

調査方法:NTTドコモ「みんなの声」にて投票を実施
投票数:14563票
投票期間:2013/7/9〜7/22
※この結果は科学的な統計にもとづくものではありません