男性は女性に比べて恋人の過去を気にする傾向があると言われていますが、最も気になることといえば、やはり「元カレ」の存在。元カレがどんな相手であれ、その人のことを知るのは愉快ではないでしょうが、「彼女のことを深く知るためには知っておかなければ!」という気持ちには逆らえないようです。


 そんな男性の多くが「さすがにこんな元カレだったら嫌だな…」と考えているのは、《現役のヤンキーで彼女の名前を体に彫っている》でした。ヤンキーが彼氏だったと聞けばまず気になるのは「もしかして彼女もヤンキーだったの?」だいうことですが、それよりも気になるのは「名前を体に彫っている」という点。これは二人の関係の深さを連想させてかなりモヤモヤしますし、それほど深く彼女のことを愛していたならいつか姿を現してトラブルになるのでは、なんて考えてしまいますよね。

 続いて多かったのは《高収入で彼女を養っていた》です。《ずば抜けてイケメン》や《高学歴でIQが高い》も同様ですが、元カレが自分が太刀打ちできないものを持っていたという事実は、何かと勝ち負けを気にしてしまう男性にとっては重たいもの。よほどの自信家、あるいはポジティブ思考の男性であればともかく、「自分が元カレほど優れた人間ではない」という引け目が負の感情として積み重なり、いつか爆発してしまう可能性もありそうです。

 今回のランキングはもちろん「だったら」という“if”の話ですが、このようなことをあれこれ考えて不安になったりイライラしたりするのは、お互いにとって何も良いことはありません。彼女持ちの男性には、ぜひ目の前の彼女を愛することだけに集中してほしいものですね。

調査方法:NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション(株)提供の「gooリサーチ」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
調査期間:2013/7/8〜2013/7/9
有効回答者数:1,096名