『ジョジョの奇妙な冒険』の原画展がイタリアで開催。アニメ化に続いて実写化も実現の見通しとか。そこで今回みなさんに、ジョジョを実写化する際に欠かせない有名人について聞いてみました。


 ジョジョはかなり濃い顔の登場人物が多いため、日本人が演じるのは難しいと言われることもあるようですが、そこに登場する「吉良吉影」のイメージそのままと噂される《北村一輝》が圧倒的1位に選ばれました。切れ長の鋭い目にメイクを加えて髪形を似せれば、さらに激似。北村は来年公開の日本・インドネシア合作映画『KILLERS』では、主演として冷酷な殺人鬼を演じるとか。独特な雰囲気を持つ彼だからこそ、他に類を見ない「ジョジョ」の一種不気味な世界観の中でもきっちりと演じ切れるという期待感が強いのでしょうね。

 《北村一輝》も出演した映画『テルマエ・ロマエ』では主演としてローマ人を演じた《阿部寛》が2位にランク・イン。濃い顔といえば決まって名前が出てくる俳優ですが、古代ローマ人役は配役ぴったりと評判が高かったよう。“テルマエ”旋風は作品の舞台となったイタリアも席巻し、『テルマエ・ロマエII』の制作も発表。次作を完結編と位置づけ、古代ローマのコロッセオを実物大で建設するというスケール感で描くとか。本人も「今から撮影が待ち遠しいです」と語っているそうで、再び古代ローマ人役での好演に期待が高まるところですが、その勢いで「ジョジョ」も一緒に…といったところでしょうか。そして、実写化作品での主演が噂されている《松本潤》が3位に。目鼻立ちのしっかりしたアイドルで、これまでにもコミック実写化作品で主演経験のある彼なら、やってくれるでしょう。

調査方法:NTTドコモ「みんなの声」にて投票を実施
投票数:6303票
投票期間:2013/7/1〜2013/7/15
※この結果は科学的な統計にもとづくものではありません