TV番組やCMなどで映像と一緒に記憶に残る曲や、その曲を聞くと思い出す過去の思い出って意外に多いものですよね。そこで今回みなさんに、聴くとつい旅に出たくなってしまう曲を教えてもらいました。


 某航空会社の沖縄キャンペーンのCMソングとして大ヒットした《浪漫飛行/米米クラブ》が大差をつけて1位になりました。青い空をバックに米米クラブのメンバー自身が歌う映像は、夏の爽快感がいっぱいで、まさに夏の海へ出かけようという思いにあふれた曲となっていますね。この曲を聴くと、夏の空をひとっ飛びしたい衝動にかられるという人も多いかもしれません。

 当時国鉄だったJRが行ったキャンペーンのテーマソングで、タイトルがそのままキャッチコピーにもなった《いい日旅立ち/山口百恵》が2位にランク・イン。山口百恵の代表曲として知られていますが、この曲を作った谷村新司を始め、複数のアーティストにカバーされ、30年を超えて歌い継がれる名曲となっています。その後も、JR西日本で走っている新幹線のぞみの車内や、旅番組でも長年流されるなど、旅情をイメージさせる曲として浸透しているようですね。3位には、桑田佳祐の映画初監督作品『稲村ジェーン』の挿入歌《希望の轍/サザンオールスターズ》が選ばれました。切ない夏を思い出す彼の歌声が、夏の海への郷愁を誘うのでしょうね。

調査方法:NTTドコモ「みんなの声」にて投票を実施
投票数:6504票
投票期間:2013/7/1〜7/14
※この結果は科学的な統計にもとづくものではありません