堂本剛が7月スタートの連続ドラマ『天魔さんがゆく』で幽霊退治会社の社長役を熱演中。幽霊とコンタクトする能力を持っているという設定で、社員役の川口春奈や皆川猿時と共演しています。そこで今回は「堂本剛の主演ドラマで印象的なのは?」という質問をしてみたところ、1位には《金田一少年の事件簿》が入りました。


 同作は、gooの「アニメ・漫画の実写化、好きな作品は?」でも2位に入っています。また、NewsCafeの「堂本剛の出演作、好きなのは?」では見事1位にランク・イン! 選者からは「やっぱ、はじめちゃんは剛だー! 後継の後輩たちが霞む」「金田一と言えば堂本剛、堂本剛と言えば金田一」「普段は三枚目なのに、事件に遭遇するとイケメンに変貌するはじめちゃんは、剛くんのはまり役」というコメントが。主人公・金田一一役は、堂本剛の後を松本潤・亀梨和也・山田涼介の順番で演じてきたわけですが、とりわけ初回シリーズは多くの人の印象に残っているようですね。

 2位入ったのは、2008年放映の《33分探偵》。gooの「堂本剛のTVドラマ代表作といえば?」でも2位に選ばれています。その内容は、5分で解決できるような事件を堂本剛演じる“33分探偵”こと鞍馬六郎のゆるい推理で、ドラマ本編の長さ33分まで持たせるという脱力系コメディー。他とは一線を画す独特の世界観が好評を博し、23時台という深夜帯の放送時間にもかかわらず最高視聴率12.2%を記録しています。2008年11月にはDVD-BOXが発売になり、その上下巻合わせて5万セットという驚異的な数を売り上げたのだとか。さらに異例の早さで『帰ってこさせられた33分探偵』という続編も放映されており、そちらもDVD化されていますから、興味がある人はチェックしてみてはいかがでしょう。

調査方法:NTTドコモ「みんなの声」にて投票を実施
投票数:19553票
投票期間:2013/6/4〜6/28
※この結果は科学的な統計にもとづくものではありません