『100回泣くこと』の「涙活男子試写会」に参加したクリス松村が、主演の関ジャニ∞大倉忠義の涙にキュンときたそう。そこで今回は「涙がキュンとするジャニーズは?」という質問をしてみたところ、1位には《大野智》が入りました。


 もともと、gooの「癒やし系だなあと思う俳優ランキング」「ゆるキャラの俳優と言えば?」で首位に入るなど、ホノボノとした雰囲気が持ち味とされる《大野智》。同じく「男泣きにぐっと来た俳優は?」でも2位に入っています。さらに、その声は「アカペラ聴きたいジャニーズは?」「歌唱力があると思う若手ジャニーズタレントランキング」に首位入選するほど美しいと評判です。そんな愛されキャラの美声が涙声に変わるようなことがあれば、ファンでなくとも動揺してしまいそうですね。実際、2009年に東京・国立競技場で行われたドームツアー『ARASHI Anniversary Tour 5×10』では「10年前はこうなっているなんて思ってなかった。嵐でよかった」と男泣きしています。同ツアーは大成功に終わっていますが、このときの涙が少なからず良い方向に影響したのではないでしょうか。

 2位には《二宮和也》がランク・イン。gooの「涙が美しそうな俳優は?」でも1位に選ばれています。演技派俳優として高い評価を得ている彼ですが、3月に公開された『プラチナデータ』でも迫真の演技を披露。特に敵役の豊川悦司演じる刑事と対峙しつつ涙するシーンは、多くの人に感動を与えました。このシーンは《二宮和也》の発案で生まれたそうで、撮影はテスト無しの本番一回だけで撮り終えたのだとか。本作の劇場公開は既に終わっていますが9月27日にはBD/DVDが発売される予定なので、前述の“涙のシーン”を再鑑賞してみると新たな感動があるかもしれませんね。

調査方法:NTTドコモ「みんなの声」にて投票を実施
投票数:16138票
投票期間:2013/6/19〜6/26
※この結果は科学的な統計にもとづくものではありません