長澤まさみが、7月から始まった月9ドラマ『SUMMER NUDE』で、山下智久扮するカメラマン・朝日の元恋人役を熱演しています。そこで今回は「月9カップルで一番印象的なのは?」という質問をしてみたところ、1位には《木村拓哉と山口智子(ロングバケーション)》が入りました。


 1996年に放送された同作では、31歳の売れないモデルの南を山口智子が、24歳の落ちこぼれピアニストの瀬名を木村拓哉が演じ、平均視聴率29.6%・最高視聴率36.7%(最終回)という高記録をマークしています。gooの「歴代の月9ドラマ、ハマったのは?」やマイナビの「読者世代の女性がハマった90年代連ドラ」でも首位にランク・インしており、選者からは「主題歌『LA・LA・LA LOVE SONG』(久保田利伸 with ナオミキャンベル)を聴くたび、夢中で観ていた中学時代を思い出す」というコメントが。確かに同曲はオリコンシングルランキング最高位1位、約186万枚を売り上げる大ヒットとなり、gooの「思い出深い月9主題歌(90年代後半)」でも首位に選ばれています。この時期を境にピアノを習う男性が増えたともいわれており、視聴者からは「キムタクが演奏した『セナのピアノ』は、楽譜を買って練習したことがある」といった声も。あなたの周囲にもドラマをきっかけにピアノを始めた男性がいたかもしれませんね。

 2位には、柴門ふみの漫画が原作の《織田裕二と鈴木保奈美(東京ラブストーリー)》がランク・イン。gooの「鈴木保奈美の出演作で好きなのは?」「織田裕二の主演ドラマで好きなのは?」でも、それぞれ上位に『東京ラブストーリー』が入っています。同作は、放送当時大きな反響を呼び平均視聴率22.9%、最終回は32.3%を記録。主題歌『ラブ・ストーリーは突然に』も270万枚の大ヒットとなりました。さらに、メルセデス・ベンツ日本の「あなたにとって史上最高傑作の恋愛ドラマは?」という調査では30代から50代までの人が1位に挙げており、あらためて幅広い世代の人に愛されたドラマということがわかります。

調査方法:NTTドコモ「みんなの声」にて投票を実施
投票数:27214票
投票期間:2013/6/12〜6/19
※この結果は科学的な統計にもとづくものではありません