「冷たそう」「何を考えているのかわからなさそう」なんて、評判もある、いわゆる「爬虫類系顔」の男性。しかし実は、その一見読めないところに魅力を感じる女子は多いものです。今回は、カッコイイ爬虫類系顔の男性有名人といえば誰か聞いてみました。


 1位になったのは、gooランキングの1位常連《松本潤》。「お姫様抱っこをされたいジャニーズランキング」「目が印象的なジャニーズランキング」など、数々のランキングで1位を飾っていますが、このたび爬虫類系顔としてもトップになりました。独自の世界を持っていそうなところ、考えが読めなさそうなところ、顔のパーツが大きめなところなどが選ばれた理由でしょうか。2位は、こちらも捉えどころのなさが大きな魅力になっている《綾野剛》。ドラマ『空飛ぶ広報室』では自衛官役を熱演し、このドラマの効果で、自衛隊の見学者がなんと10倍にも増えたそうです。3位に選ばれたのは《松田翔太》。彼はその爬虫類らしさ(?)をフルに生かして、ドラマ『潜入探偵トカゲ』で変幻自在の名探偵を好演しました。ちなみに、探偵役といえば、《松田翔太》の父親で超大物俳優として名を残す松田優作の『探偵物語』が有名ですが、これで親子2代に渡って探偵を演じたことになります。

 苦手な人は拒絶反応を示す爬虫類ですが、おとなしく匂いも少ないため、ペットとしての人気も上々だとか。爬虫類系顔をカッコイイと思うのであれば、本物の爬虫類のことも毛嫌いせずに興味を持ってみてはいかがでしょうか。

調査方法:NTTドコモ「みんなの声」にて投票を実施
投票数:5710票
投票期間:2013/6/5〜6/18
※この結果は科学的な統計にもとづくものではありません